店舗集客競争に勝利する!SNSとクーポンで差別化を狙おう

ホームページの更新で店舗に集客

タブレットを指さす

消費者が近くの店舗を探すとき、そのほとんどがwebでの検索で情報を収集しています。近年はInstagramを始めとするSNSや利用が増えていますが、30代以降のミドル世代を始め、若い世代にもwebでの検索はまだまだ主流な方法であるといえます。
その中で、検索ワードに効率よくヒットさせ、自分の店の情報を見ていただく確率を上げる、来店数を増やし集客をすることは、非常に重要になってきます。その店舗の情報量を増やし、web上の検索クエリやキーワードに引っ掛かるためには、ホームページの更新が重要です。
近年ではSNSとの連携も行えるほか、予約フォームの設置や問い合わせフォームとしての運用など、ホームページの用途は多岐にわたってお店の経営に貢献しています。
消費者は店舗の新しい情報を欲しており、新商品や商品の入荷情報など、リアルタイムのものがあれば、自然と集客にもつながることがあります。
また、webの特性上、更新頻度や情報量によって検索結果の表示順位が上下することや、検索ワードでの一致率への対応を意識し、日々更新し情報を増やしていくことが集客につながります。
また、追加する情報は文字だけでなく、写真や動画などもおすすめです。近年のSNSの普及から、写真や動画などから情報を読み取る技術が向上しているためです。
店舗への集客をより増やしていくためには、ホームページの更新、活用が必要不可欠であると言えます。

店舗集客にはSNS!ハッシュタグをうまく使うと検索されやすい

店舗の集客を目指してSNSを活用しているものの、思うようにフォロワーが増えないと悩んでいる方も少なくありません。せっかくSNSを活用しているなら、ハッシュタグの使い方を考えてみましょう。ハッシュタグは、検索したい情報をすぐに集められる便利なものです。店舗の新商品で集客を狙うには、「新発売」「限定発売」などのハッシュタグを使うのが効果的です。また、店舗で取り扱っている商品やサービス内容を直接入れても良いでしょう。
ハッシュタグを活用することによって、検索しているユーザーへの情報発信がとても速くなります。これまでテキストだけで投稿していた方は、ぜひ検索されやすいハッシュタグをつけるようにしましょう。始めは少し面倒くさい感じがしますが、慣れてくればハッシュタグの候補が優先して上がって来るのでそれほど手間もかかりません。
集客を高めるために、同業者がどんなハッシュタグで検索されているのかといった情報収集もできるようになります。そういった店舗の情報発信を参考にしてみるのもおすすめです。これまで、毎日SNSで発信しているにもかかわらず、集客に結びついていないという方は、いま一度基本に戻ってハッシュタグの付け方を意識してみるようにしましょう。

店舗の集客に効果的なポイントカードを作ろう

スーパーや食品を販売する店舗はお客様が定期的に利用するため、集客に役立つ施策としておすすめなのがポイントカードです。毎回のお買い物でポイントが溜まるとお得感があるので、同じお店に通う人も少なくないでしょう。スーパーなどのポイントカードで人気のタイプは、購入金額に応じてポイントを付与するシステムのものです。さらに1ポイント1円として、買い物に使用できるポイントカードは素早くお得感を得られる点で集客効果が高いようです。
お店を選ぶお客様の心理を考えると、より多くのお得感がある店舗に足を運ぶ傾向があります。そのため、どこのお店においても、割引キャンペーンやポイントアップ期間などを設定し、金銭的なメリットを打ち出して集客できる施策を行っています。さらにそれらの期間以外でもお客様を逃さないためには、やはりポイントカードを作る方法が有効です。お店のポイントカードをまだ作っていない場合は、ぜひその準備を検討していきましょう。
ポイントカードは、その他の業種でも店舗集客に効果があります。美容院やサロンなどリピーターを作っていきたい業種や、競合他社が多い業種などは、魅力的な独自システムのポイントカードを作ることで、顧客囲い込みに役立てられます。

クーポンやポイント制、SNSの活用といった店舗集客のノウハウは、【エルシャーム】のような情報サイトからお手軽に学ぶことができます。こうしたサイトも参照しつつ、自店に最適な方法を模索すると良いでしょう。

おすすめの情報

お知らせ

TOP